静的cms

私達は当然セキュリティーという問題からもcmsシステムがどうかということを見つめていかなければなりません。WordPressでサイトを構築するにあたりやっぱり不安になるものはセキュリティーの問題とも言われています。 オープンソースとはソースコードが一般に公開されている状態をさします。

つまりは、そのサイトと関係のない人物であっても、サイトを乗っ取ることや、改ざんしてしまうような、いわゆるハッキングをすることができる危険性も持っているのです。

その為に、WordPressを使用している人たちはセキュリティーに対してより配慮も必要になって来ます。バックアップをしっかりとっておくことや、公式から配布されているもの(つまりは開発者のしっかりとわかるもの)のみを使用するといった予防策が必要になるのです。

そして企業の人たちは、よりセキュリティーに強いcmsは何かということを追求していかなければなりません。cmsは大きく分けて二つの種類に分類することが出来、それは静的cms(htmlなどのネットユーザがWebサイトにアクセスするページを、cmsが事前に静的ページとして生成、Webサイトに転送する)と動的cmsです。

静的cmsはWebサーバとcmsを切り分けることができるので、セキュリティをより高くすることが出来る方法です

選択のポイント

同時にcms・コンテンツマネジメントシステムのデメリットについても考えてみましょう。例外的なデザインのページ作成をしたいという場合にはやっぱりcms・コンテンツマネジメントシステムは既成のものと考えることが出来、向いてないと考えるべきです。

cmsのメリットとは、基本コンテンツの管理と考えてください。自由で斬新なレイアウト構築としてcmsを導入するのなら、ちょっとcmsにはデメリットを感じてしまうかもしれません。しかし、多くの人たち・企業が今cmsに注目をしている理由はなんなのでしょうか。cmsを導入することで、企業の効率化を実現することが出来ます。統一感やコンテンツ管理の向上を目的のためにcmsを導入するというのでは100%ここに大きな充実感を得ることが出来るでしょう

ですから企業のみなさんが何が何でもcmsという訳でもないのです。最近の企業のモチベーションは、必要な部分だけをcmsでやり過ごすというケースも多く見られるようになって来ました。そのような方法をハイブリット型ホームページというようです。

それは、ハイブリット型というよりもユーザーのニーズに応えた結果として捉えることが出来ます。cmsはセキュリティーの面はどうなのでしょうか。

cmsのあり方

cms・コンテンツマネジメントシステムといえば、初心者の人たちは無理と言うのかもしれませんが、初心者の人たちほど意識して欲しいシステムとも言えるものです。コンテンツマネジメントシステムを導入することで、簡単で、かつ、安くてセンスのあるホームページを作ることが出来てしまうのです

しかし中にはせっかくコンテンツマネジメントシステムを導入したもののお金を浪費しただけでなかなか上手く行かず更新も出来ないという声も聞きます。何が大事なのかといえば、しっかりそれぞれの人たちがコンテンツマネジメントシステムのメリットと同時にデメリットについても知ることではないでしょうか。メリットとしてWordやブログを書く要領でのみコンテンツを更新することが出来ることです。コンテンツマネジメントシステムに依存体勢を持つことで、HTMLやCSSの知識なんて持つ必要もないのです。それでいて、タイトルの最適化や内部リンクの構築などSEO対策など必要なポイントを漏れなく出来てしまうのです。

インターネット上でログインすれば投稿出来、場所も、時間も意識することなく複数の人間で管理しあうことが出来ます。つまり、このようなシステムを採用することで、一人が全面的に責任を背負う必要がないのです。デザインの制作部分とコンテンツのテキスト作成部分を切り分けすることが出来、制作のスピードも俄然アップさせることが出来ます。次にはデメリットも考えてみましょう。