静的cms

私達は当然セキュリティーという問題からもcmsシステムがどうかということを見つめていかなければなりません。WordPressでサイトを構築するにあたりやっぱり不安になるものはセキュリティーの問題とも言われています。 オープンソースとはソースコードが一般に公開されている状態をさします。

つまりは、そのサイトと関係のない人物であっても、サイトを乗っ取ることや、改ざんしてしまうような、いわゆるハッキングをすることができる危険性も持っているのです。

その為に、WordPressを使用している人たちはセキュリティーに対してより配慮も必要になって来ます。バックアップをしっかりとっておくことや、公式から配布されているもの(つまりは開発者のしっかりとわかるもの)のみを使用するといった予防策が必要になるのです。

そして企業の人たちは、よりセキュリティーに強いcmsは何かということを追求していかなければなりません。cmsは大きく分けて二つの種類に分類することが出来、それは静的cms(htmlなどのネットユーザがWebサイトにアクセスするページを、cmsが事前に静的ページとして生成、Webサイトに転送する)と動的cmsです。

静的cmsはWebサーバとcmsを切り分けることができるので、セキュリティをより高くすることが出来る方法です